fbpx
機能改善スペシャリスト
森岡 望
とにかく「人を笑顔にしたい!」という思いから、カラダ一筋に30年間。がんばらなくても元気な体でいるための方法を伝えている。日本代表選手専属トレーナーも務める。
笑顔が素敵

笑顔が素敵なみなさんおはようございます#153

目標に向かって歩いていく

目的をもって進んでいく

違いが分かりますか?

目標を定めないで歩いていても

辿り着くところがなければ

彷徨うばかり

だから

しっかり目標を定めておくべき

ここで良くあるのは

やるべきことはやったから(目標達成)

といって達成感に浸っていないか?

というところ

やり遂げたことは認められる

でも…

「なんのためにやったの?」と

いう説明ができない

そういう経験ないだろうか?

ただ何かことを行うのは

誰でもできる

大切なのはなぜやるのか

なんのためにやるのか

その「目的」が明確かどうか

一生懸命努力しても

なんでそんなに頑張るのか

意味がなければ取り越し苦労

自分では毎日精一杯努力して

全力で頑張っているのに

思ったより成果が見えない!と

悩んでいたりするなら

やっていることやってきたこと

それらが目的に沿っているか

見直してみると良いかもしれない

一生懸命に頑張ることに対して

一生懸命になっていると

目標達成が目的になってしまう

こともある

目的がハッキリすると

きっと自信がもっともてる

やってることが楽しくなるはず

目的見据えて気楽に頑張る

気持ちに余裕が生まれてくるよね^_−☆

今日も笑顔で楽しむために

一つ一つを大切に行こう♪♪

ABOUT ME
mokka57
太っていても痩せていても一番困るのは動けなくなること。 歩くだけでも困難な姿、、、それが自分だと想像したら?! 人それぞれ自分に合った「取り扱い方」があるんです。その操作方法を間違えると、想像もできない負担が身体に! でも、操り方が正しいと驚くほど体が自由になっていきます! 健康の秘訣は操ることにアリ! 「え?なんで?たったこれだけ?」 今やるべきことは「操れるようになる」こと それが「いつでも(I) どこでも(D) 誰でも(D)簡単に(K)」できる方法=IDDKです。