fbpx
機能改善スペシャリスト
森岡 望
とにかく「人を笑顔にしたい!」という思いから、カラダ一筋に30年間。がんばらなくても元気な体でいるための方法を伝えている。日本代表選手専属トレーナーも務める。
魔法の身体覚醒メソッド

身体が満たすべき5つの欲求

写真をみてどう感じますか

嬉しそう
元気そう
楽しそう

ポジティブな表現になりますよね

まさかこれをみて
首が辛そう
肩が痛くて腕が挙がってない
腰もきっと痛いんだろう

っていう人はほとんどいないと思います(*´з`)

なぜポジティブに感じるのでしょう
それはこの写真のイメージですか?

イメージから何をイメージしますか

それこそがあなたが心に描いている
自分も○○だったら嬉しいのになぁと
いう無意識に抱いている身体への
欲求なんです

身体に対する無意識の欲求

これには5つの段階と傾向があります
研究で論文展開されている訳ではないですけどね笑

1.喜びの共有
2.自分にないものへの憧れ
3.機会があれば達成したい思い
4.改善したい身体の不調
5.未来への諦め

これはどこからきているかというと
僕がこれまで20年近くセラピスト/トレーナーで
ある一方で講師をしたり、ときにはカウンセリングを
してきた中で得てきたものです

どれかに当てはまるものはありそうですか?

一つ一つ見てみましょう

喜びの共有

単純に嬉しそう楽しそうな人をみると
自分も嬉しくなったりしませんか?

身体が自然とそのエネルギーを受け取りたいって
思うんでしょうね

良い波動っていうのかな雰囲気っていうのかな
いずれにしても嫌な流れでないので
心が自然とそういうものを求めていくのは
理由はないのだと思います

自分にないものへの憧れ

あぁ僕も(私も)ああできたらいいなぁ

これは喜びの共有にも似ているけれど
心が何か触発されて動きたくなってくる
その反面
すぐに現状に頭が回って

できたらいいなぁ⇒でも無理だろうなぁと
心でブレーキをかけてしまうがために

いいなぁという憧れの言葉や気持ちに
なってくる

機会があれば達成したい思い

いいなぁと思ったとき

もし自分だったら…という思いが一瞬でも
働きませんか

そうなんです実はあなたも例外じゃなく
人の喜びを肌で感じると自分も!という思いが
湧き出てくるのがあって

それを受け入れると
(本当のことを言うと…)
自分も○○がやりたいんだよねぇ
○○に行けたらな~
○○だったら

と、普段口にはしないけれど
実は熱い思い、夢があることに気付くんです

改善したい身体の不調

自分に目が向いたら次にくるのが
身体の状態

ワクワクして
自分でもやってみたい
やりたいことがある

自分を見つめ直したときに
いま置かれている状況に直面

仕事や家庭の事情など
時間が取れないかなとか
仕事の関係でなど
現実的な話では達成しがたい
ことだったりするかもしれないけど

その一方では
腰がもう少し楽だったらな
膝が不安であまり出かけられないなぁ
この頭痛さえ治まればもっと気分が楽に
なるのに・・・

毎日自分を悩ましている
自分自身の身体の状態があることを
再確認させられてしまうことがありませんか

未来への諦め

やっぱり夢夢夢

やっぱり無理無理無理

はぁぁ

どれだけこのため息をついていますか
本当は?

自分の心に素直になってみたら
本当はもっと今より自由に心を
解放したいって思っていませんか?

現状考えて…これは言い訳?
身体の調子が…これが原因?

やりたいことがやれない未来
それをいつまで我慢して過ごして
行くのでしょう

自分で身体を楽に動かせるようになったら

もしいま感じている身体の不調が
毎日の生活をしている中で
改善していったらどうでしょうか

朝起きて
あれ?今日は腰の調子が悪くないぞ

あれ?なんだか少し身体が楽になってきてる?

あれ?いつもだったら頭痛がきてもおかしくないのに

なんだか身体が軽くなってきている気がする…

未来への諦め
それを自分で改善していけたら
あなたの未来はどうなりますか

人の喜びを共感し
心が楽しくなって
自分の夢に挑戦し
元気とやる気に身体が付いてくる

考えただけでも…

それが心の中にいつもある
我慢をしている訳ではないけれど

身体も心も諦めちゃってる
それはなんとしても避けたいけれど…

どうしていいか分からない

でも実は、それ、改善できるって
知っていましたか?それも自分で

正確に言うと
誰もがその能力をもっているんです
それをきっかけを与えて
呼び覚ます

身体の力を呼び覚ます

それができると
身体がどんどん楽に動かせるように
なってきます

心も身体も解放して
未来への諦めではなくて
希望のある未来の自分に向けて

毎日の生活に工夫を加えてみませんか
ほんの少しだけきっかけづくりをするんです

どうやって?

それは
あなたの手を身体に触れて
あげるんです

手を触れることが
きっかけとなって
身体が楽に動かせるようになります

詳しくはまたお伝えしますが
いま少しでも動きが悪いところがあったら
そこを手でやさしく触れてあげてください

それだけでも、身体の動きは
変わってきます
なぜ?

そういう身体の「しくみ」になっているからです

先ずは自分の身体、触ってみて、改めて
自分を感じてみてくださいね

そこが、自分の身体を大切にしていくための
最初の一歩です(*´▽`*)

ABOUT ME
もりちゃん
自分で楽に動かせる体を手に入れて、豊かな未来を歩む!をサポートする、機能改善スペシャリスト。「もし明日動けなくなったらどうしますか?」その「もし」が起きてしまってからでは遅いですよね?だから今から体の状態をチェックして動きやすくする方法を知っておいた方が得なんです! それが「いつでも(I) どこでも(D) 誰でも(D)簡単に(K)」できる方法=IDDKです。