fbpx
機能改善スペシャリスト
森岡 望
とにかく「人を笑顔にしたい!」という思いから、カラダ一筋に30年間。がんばらなくても元気な体でいるための方法を伝えている。日本代表選手専属トレーナーも務める。
魔法の身体覚醒メソッド

無意識に体を意識している

吊り広告に目を向けると
どれも何かしら体のことが書いてある

細かく言うと美容と自己啓発系のこと

自己啓発は体とは言わないのかな
思考の分やとすれば身体の方に入るかな

なぜ体に関するものが多いのか

それだけ話題にされているからと考えれば
納得できる

確かに、ホームで待っているときも
電車の中での会話にしても
改札に向かって歩いているときも

痩せた太った
新しい運動が流行ってるなどという
話題もあれば

健康診断で良くない結果が出たとか
誰誰さんが入院したとか
体の症状、病気などについての
話しもある

好きでそういう話題になっていると
いうよりは、ほとんどの人は
人に言わないだけで気にしていると
いうことなんだよね

どうせなら話だけで終わらないで
何か体をよくしてみたらどうだろう?

習慣付ける難しさ

継続は力なりというけれど
誰もが「続けること」に無意識に抵抗感を
覚えているようだ

「習慣」っていう言葉に敏感すぎるんじゃ
ないかなって思うときもあるけど
特別視してしまう習慣があるんだろうね

「いつもどおり」
「いっつも同じだよ」

というセリフが聞こえることが少なくない

よくよく考えてみたら「いつも通り」と
言うことは
言い方変えたら「習慣になっている」とも
受け取れるんじゃないかな

そうですよね?

だから、「習慣付ける」ってことは
意識しすぎるから難しく感じるだけで
普段から誰でもやっていることだということ

もっと言ってしまえば
誰でもできること!ということになる

体の状態をよくしていこうって思ったら
「習慣付ける」ことが大切

でもそれは「難しくない」こと

普段やっていることそのままで
生活すればいいだけだから

「いつも通り」の生活の中で
「身体について話をしたとき」に

「あっそうだ」って

体を楽にするキッカケを
自分に与えようってするだけ

それこそ、朝起きて
朝の挨拶したときに「調子はどう?」

「いつも通り」ですって答えたら
「あっそうだ」って
意識をするだけで良いんだよね

一つ例を挙げてみよう

自分の肘の裏側をのぞき込んでみてみよう

どうやったら見えますか?

look at elbow

肘を曲げて下から覗く?

how can I reach elbow


肘を外に張って外から覗く?

look at the elbow for shoulder exercise

それとも、肘は伸ばして腕をひねって
肘を見やすい位置に持ってくる?

はい!

肩関節の自然な動きが良くなりました( ´艸`)

という具合に簡単に体を自然に動かせるようになる
ための刺激の入れ方がたくさんっていうと足りない
くらいたくさんあります

ホントはね順番があるんだけど
最初は「習慣付ける」ことが可能だっていうことを
感じて欲しいので

先ずは「肘を覗いてみる」を
体の話題になったときにやってみてください

毎日、体の話題があるって気付くかも!

ABOUT ME
もりちゃん
自分で楽に動かせる体を手に入れて、豊かな未来を歩む!をサポートする、機能改善スペシャリスト。「もし明日動けなくなったらどうしますか?」その「もし」が起きてしまってからでは遅いですよね?だから今から体の状態をチェックして動きやすくする方法を知っておいた方が得なんです! それが「いつでも(I) どこでも(D) 誰でも(D)簡単に(K)」できる方法=IDDKです。